<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


第一回 アンチエイジングの意味と歴史


全ての生命体は「誕生」と同時に「老化」への道を歩み始めます。そして自然の摂理である老化のプロセスを止めることはできません。「いつまでも若くいたい」と願うのは洋の東西を問わず、あるいは男女を問わず、多くの人にとって当然のことでしょう。今回から数回に分けて老化現象とアンチエイジングについてお知らせしていきます。きっとお役に立つ部分が見つかることと思います。

アンチエイジングの意味

エイジングとは年齢を重ねることですが、それに抵抗(アンチ)するという意味合いでアンチエイジングという言葉が生まれました。美容や健康の面で注目され始めた概念で、老化の原因の抑制、心身機能の衰えを予防・改善することを意味しています。

アンチエイジングの歴史

 歴史を遡れば、絶世の美貌を誇りその美貌を保つ為に、当時の富と権力を駆使して様々な健康法を追求し実践していた、何人かの歴史上の女性たちの存在に気づかされます。その健康法や美容法は果たしてどんなものだったのでしょうか。

 クレオパトラ(紀元前69‐30)は、真珠を酢に溶かして飲用し、蜂蜜やアロエを日常的に使い、ロバのミルク風呂や死海の塩を入れたお風呂に入っていたという記録があります。寝室にはバラの花を敷き詰め、バラの香料や香油をふんだんに使っていたそうです。

 楊貴妃(719‐756)は玄宗皇帝に「ライチ」や「氷」を遥か遠方から長安まで取り寄せさせたことで知られています。薬膳に力をいれ、古くから「生命と健康の穀物」と呼ばれて重宝されてきた「ハト麦」等を欠かさなかったと伝えられています。また、白キクラゲ、とろけるほど柔らかく煮た鶏肉、燕の巣を常食としていました。

 一方、夫の皇帝と息子の代わりに男勝りの政治をしたことで有名な西太后(1835‐1902)は、若さを保つ為に好物の「クルミ汁」、ロバのニカワ「アキョウ」(別名、和漢コラーゲン)、「豚の丸焼きの皮」の他、日々の食事には100種の料理を作らせていたということです。肌にトラブルが多かったことから「永遠の若さ」を追求し続け、「玉溶散」という雀の尿と雄の鷹と雄の鳩の糞で作られた化粧品を愛用し、宝石でできた「美顔ローラー」を使用していたそうです。この「玉溶散」の成分は「鶯の糞」にもあり、日本では江戸時代頃からを美顔術の一つとして芸者や歌舞伎役者の間で使われていたと言われています。

 その西太后と同じ時代に生きたオーストリア・ハンガリー帝国の皇后エリザベート(1837- 1889 )は、当時のヨーロッパで最も美しい女性として知られていました。子牛の生肉から絞り出したエキスを飲用したり、薄切りの生肉でパックをするなど独特の美容法を実践していたそうです。しかし前述の3名の食事と比較すると、エリザベートの食事はオレンジジュース、ミルク、ブイヨン、塩で味付けした卵白等でダイエットに近いものだったようです。

 平安時代の女流歌人として名の知れた小野小町(825-900)は山芋入りの麦粥、蜂蜜、鰻や鯉料理を好んで食したそうです。「温泉」が好きで、入浴後はへちま水を化粧水として使い、米ぬかや小豆粉をクリーム状にして肌に塗布していたと言われています。


 「美貌を保ちたい」「健康でいたい」という一念から始められた健康法・アンチエイジングは古の時代から今に続き、その多くが現在エステなどの施術や食膳としてより一般化しています。
 このように、かつては王族・貴族などの特権階級だけに可能であったアンチエイジングですが、現在では社会全体が豊かになってきたこともあり、一般の人たちにも手が届くものとなりました。また社会全体が高齢化社会になってきたことも一因です。同時に医学やライフサイエンスの進歩により老化についての研究が進み、新しい知識が一般の人にも手に入り、努力すれば誰にでも効果が出る時代になりました。

次回は「老化現象」のメカニズムについてお知らせします。
[PR]