<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


第三回 スーパーフード(1)

先回の老化のメカニズムで、活性酸素が老化に影響していることを学びました。今回は活性酸素の毒素を消す抗酸化物質を大量に含むと言われているスーパーフードについて調べてみます。

スーパーフードと聞くと、いかにも流行り言葉のように聞こえますが、『スーパー』という表現からも、普通の食品とは少し違うことが想像できます。言葉の由来は、1980年代頃から健康的な食事療法を研究していたアメリカやカナダの研究者の間で出てきた言葉です。その後アメリカ人医師プラットの著書『スーパーフード:あなたの人生を変える14の食品』によって、特にベジタリアンやビーガン(完全菜食主義者:乳製品、卵、蜂蜜などを含む動物由来の食品を一切摂らず、また革製品などの動物利用も一切避けるという生き方をする人々)を通して世界中に知られるようになりました。

スーパーフードの定義は次の通りです。


1. 植物性の食品で栄養価が非常に高い

2. ある有効成分が飛び抜けて高い

3. ごく少量でも栄養・健康成分が含まれている


さらにそれらの食品は、「天然の抗酸化物質を多量に含み、糖尿病や循環器系疾患などの生活習慣病や老化の予防になり、ガンのリスクを低くする」など、アンチエイジングの効果もあることから、益々人気を博するようになりました。まだ研究されている段階ですが、アルツハイマーに対しても効果を発揮すると期待されています。

今やスーパーフードは、朝食やスムージー、飲料、スナック、デザート、そして一般の料理の食材に幅広く利用されています。


具体的にスーパーフードとはどのような食品かというと、ベリー類(ブルーベリー、アサイベリー、アロニアの実など)、ナッツ類、種子(チアシード、ハンフ、ラインザーメンなど)、緑色野菜、バジル、コリアンダーなどの新鮮な薬草、キノアやアマランスなどの健康的な穀物を指します。

一般にスーパーフードとして賞賛されている食品の中には、アマゾンの山奥で取れるアサイベリーや、ペルーのアンデスの山奥で取れるマカなど、あまり耳にしたことがないエキゾチックなものもあります。それらは原住民が太古の昔から食していたもので、健康に優れ高いエネルギー源があると実証されている食べ物です。しかし新鮮な状態で手に入れることは難しく、フリーズドライでのみ手に入るものもあります。最近流行りの食品として値段も高い食品もあります。しかしそれらの見慣れない食品を無理に求めなくても、ヨーロッパや日本で昔から食されてきた食品にも同じような効果のある食品があります。自分の嗜好に合った、簡単に手に入って料理に組み入れられる食品などを選んで利用しましょう。


入手しやすく、かつ典型的なスーパーフードには以下のような食品があります。

1. ラインザーメン (フラックスシード、亜麻の種子)

オメガ3脂肪酸、食物繊維、リグナン(ポリフェノールの一種で抗酸化力が強く、植物性エストロゲンとしての効果がある)、たんぱく質が豊富で、コレステロール値を下げたり、ガンや心疾患の予防になるなど、ヨーロッパでは昔から重宝されているメディカルフードです。(ラインザーメンは熱に弱いため生で食べる)ラインザーメン油は当会の油のシリーズでも説明しましたが、α—リノレン酸が豊富で脳の活性に良いと言われています。ラインザーメンと同じく加熱せずに使用します。


2. ブルーベリー(Blueberry、ドイツ語ではHeidelbeereとも呼ばれる)は果物の中でも最も健康に役立つと言われ、あらゆる成分を含んでいます。とりわけ青色の色素であるアントシアニンには強い抗酸化作用があり、細胞を有害物質から守ります。アントシアニンとビタミンE、マンガンなどによって生活習慣病の予防やアンチエイジング効果を発揮します。また視覚機能改善作用や眼精疲労改善作用があることで知られています。アントシアニンはまた、骨粗鬆症の予防に効果があります。その他にもビタミンACKなどを含み、まさにスーパーフードと言われる所以です。


3. 海藻

日本人にとっては昔から馴染みの深い食品です。タンパク質やクロロフィル(葉緑素)、植物では海藻にだけある細胞の新陳代謝に不可欠なビタミンB12、(9種類の)必須アミノ酸、主要なビタミン、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル類が豊富です。加えてオメガ3脂肪酸やヨードを含み、食物繊維も豊富と良いことづくめです。


4. アボカド

南アメリカ産のアボカドは今や人気の食品です。バターのようにこってりした脂肪は不飽和脂肪酸で、体内の悪玉コレストロールを低下させる働きがあり、心臓や血管の健康維持に役立ちます。そしてこの脂肪は他の食品の脂肪に溶解している栄養素を体内に取り入れやすくするため、サラダやスムージーに少し入れるだけで食事をさらに健康にします。またアボカドは「食べる美容液」と呼ばれるほど美肌効果があると言われています。肌の潤いを保つ脂肪はもとより、皮膚の再生に必要な必須アミノ酸、美白効果のあるビタミンCE肌荒れや老化防止に役立つコエンザイム(補酵素)Q10を含んでいます。その他ビタミンAカリウム、カルシウム、鉄、燐などのミネラル類を含み、食物繊維も豊富です。さらにはカロテノイドの一種であるルテインを含み、加齢に伴う目の病気(白内障など)から守ります。ビタミンB類の含有量は果物の中でもっとも高く、アボカドはアンチエイジングの効果抜群です。

次回は引き続き『スーパーフード』をご紹介します。




[PR]
by sjlifestyle | 2017-03-11 05:40