カテゴリ:わかるスイスの年金制度( 3 )

スイスの年金制度 改正事項 2005年1月1日より有効



スイスの年金制度が2005年1月1日より、大幅に改正されます。 AHVの受給額は全体的に1.9%引き上げられ、女性の受給は64才からとなります。企業年金では、年金加入義務となる最低年収が引き下げられました。これにより、これまで企業年金に加入できなかったパートタイムなどで仕事をする多くの女性も加入できるようになります。また妻を亡くした夫も寡婦年金と同様の条件で、寡夫年金がもらえるようになります。企業年金の受給開始時に希望すれば4分の1を1時金として引き出せることがBVG/LPP法で定められました。以下に主な改正事項を挙げます。



1.老齢・遺族年金(AHV/AVS) 


① 掛け金はこれまで通り10.1% (雇用者と被雇用者が半分ずつの5.05%を負担)。
   年間最低掛け金もこれまで通りSfr.425。〔本文P13〕 

➁ 老齢年金の受給額は、1.9%引き上げられました。〔本文P23〕 

◍ 一人の場合(独身者または夫婦の片方)
   月額最低Sfr.1,075、 最高Sfr.2,150 (これまでSfr.1,055/Sfr.2,110)

◍ 夫婦の場合
   二人の合計受給額が月額最高Sfr.3,225 (これまでSfr. 3,165)
  (一人あたりの月額最高額Sfr. 2,150の150%まで) 

③ 女性の満期老齢年金受給年齢が64才に。
(62才より受給可能。ただし、1年で3.4%、2年で6.8%の減給)



2.障害者保険/障害者年金(IV/AI)

障害者年金、子供年金の受給額もそれぞれ1.9%増額されています。



3.失業保険

  すでに2004年1月1日より、掛け金率は年収Sfr.106,800までに対して2%
  (雇用者と半分ずつ支払うので被雇用者の負担分は1%「それまで1.25%」 )〔本文P18〕、
  それを超える額に対しては、課されなくなっています。(それまで0.5%)



4.企業年金 

① 女性の企業年金受給年齢がAHV/AVSの年齢に合わせて、64歳になります。
 

② 被雇用者として、企業年金に加入する義務のあるの年収額はSfr.19,350 (これまでSfr.25,320) に引き下げられました。〔本文P46〕 

③ もらえる年金が少なくなります。
 年金は年金算定率(Rentenumwandlungssatz/ le taux conversion de rente)〔本文   P52〕により給付額が計算されますが、この算定率がこれまでの7.2%から10年後には6.8%にな るように徐々に下がっていきます。2005年に65才で年金生活を始める男性で7.15%となってい ます。

④ 企業年金では、年齢層によって掛金率が変わり、年齢が高くなるほど掛金率が上がります
 (最高で保険対象給与の18%)。これまで男性と女性ではこの年齢層がずれていましたが、
 2005年1月1日より、この年齢層が同じになります。〔本文P55〕 

⑤ 寡婦年金と同様に寡夫年金がもらえるようになりました。

 

*寡婦(寡夫)年金では、パートナーが被保険者の亡くなる直前の最低5年間一緒に生活をした実績があれば、同性、異性に関わらず、夫婦でなくとも、寡婦(寡夫)保険のように、パートナー保険がおりることになりました。 ⑥ 年金資金につく最低国定年利子は2004年1月1日より2.25%になっていますが、2.5%に上がることが予定されています。〔本文P44〕

⑦ 年金受給開始時に、希望すればそれまで蓄えた年金の義務で保証されている部分に対して4分の1を一時に受給し、残りの額を年金資金とすることができるようになりました。 企業年金によっては、それ以上あるいは全額一時金とできるところもあります。



3.第三の柱

 

① 2005年度の3a口座へ払い込める額は 〔本文P77〕 

◍ 企業年金に加入している被雇用者と任意加入している雇用者および自営業者:
   個人の収入に関係なく、一人最高Sfr. 6,192まで
 
◍ 企業年金に加入していない被雇用者と自営業者: 

   最高額Sfr.30,960(但し、年収の最高でも20%まで)
[PR]

d0212541_18255760.jpg



『わかるスイスの年金制度』が2001年に発行されて以来、年金制度には今日までいくつか
の法律改正および金額の修正がありました。その中の重要な部分を以下にまとめました。
(2003年1月1日現在)

1.老齢年金(AHV/AVS)と障害者保険/障害者年金(IV/AI)

① 最低掛け金がこれまでのSfr.390からSfr.425に引き上げられました。〔本文P13〕

② 老齢年金の受給額が2.4%引き上げられました。〔本文P23〕
 ・ 一人の場合(独身者または夫婦の片方)
 月額最低Sfr.1,055(これまでSfr.1,030)、最高Sfr.2,110(これまでSfr.2,060)
 ・ 夫婦の場合
 二人の合計受給額が月額最高Sfr. 3,165(これまでSfr. 3,090)
  (一人あたりの月額最高額Sfr. 2,110の150%まで)

*年金補助額(Ergaenzungsleistungen/ les prestations complementaires )と
 介護補填(Hilflosenentschaedigung/ l'allocation pour impotent)も同様に2.4%
 引き上げられました。〔本文P36~40〕

③ 失業保険の掛け金率:
 年収Sfr.106,800までに対して 1.25%(これまで1.5%) 〔本文P18〕
 それを超える額から年収Sfr.267,000まで 0.5%(これまで1%)

2.企業年金

①企業年金に加入する義務のある年収額がこれまでのSfr.24,720からSfr.25,320へ
  変更されました。〔本文P46〕

②年金算定率(Rentenumwandlungssatz/ le taux conversion de rente)が
  これまでの 7.2%から6.8%に変わります。但しこれから10年の間に徐々に
  6.8%まで下がることになり、今年は7.15%ほどです。〔本文P52〕

③年金資金につく最低国定年利子が4%から3.25%に下がりました。〔本文P44〕

3.第三の柱

①2003年度の3a口座へ払い込める額は次の通りです。〔本文P77〕
 ・ 企業年金に加入している被雇用者と任意加入している雇用者および自営業者:
 個人の収入に関係なく、一人最高Sfr. 6,077まで
 ・ 企業年金に加入していない被雇用者と自営業者: 
 最高額Sfr.30,384(但し、年収の最高でも20%まで)
[PR]
わかるスイスの年金制度

ー是非手元におきたいハンドブック(日本語解説版)-

d0212541_18155668.jpg

 



 
 


スイス日本ライフスタイル研究会発行(2001年6月)

『わかるスイスの年金制度』は、おかげさまで
完売となりました。ご購読された皆様ありがとうございました。



本のはじめにより

スイスの社会保障制度は、それぞれが独立しているのではなく、お互いの制度がからみ
あいながら成り立っていますから、ひとつの制度について述べるときは大変複雑になり
ます。その中でも年金システムは、どの人にとってもとても大切な基本的生活情報のは
ずですが、残念ながら、当のスイス人であっても漠然としか知らないという人が多いよ
うです。内容が複雑であるのに加え、法律が頻繁に改正されたり、給付額の変更があっ
たりするので無理もない話なのですが、言葉のハンディがある私達にとっては、難しい
テーマであることは確かです。実際、資料を読んでいるうちに、文書によって異なった
ことが書いてあったり、違った解釈をしているところにも多くぶつかりました。

そんなテーマに今回私達が取り組んだのは、スイスに暮らす日本人にも大いに関わりの
ある年金制度について、私達の理解できたものだけでもお伝えしたいと思ったからです。
年金について基本的なことだけでも理解し、どんなものがあるかをおおまかに承知した
上で、各個人の異なった状況に応じて、更に詳しいことを調べられる助けになる本にな
れば、と思いました。

『スイス日本ライフスタイル研究会』は、スイスに住む日本人に少しでも暮らしに役立
つ情報を提供してゆこうという主旨の元に活動しています。1999年、スイスの暮らしを
みつめるエッセイ集『スイスからのメッセージ』を出版してから、研究会として本格的
にスタートしました。

スイスの人口の五分の一は外国人で占められています。国は外国人に対する社会保障制
度を度外視できないのです。そして今回私達の研究した年金に関する限り、スイスとい
う国はスイス人も外国人もほとんど平等に取り扱っています。スイスに住む限り誰でも
最低限の生活が保障されています。同時に、国は外国人に対しても同じ義務を課してい
るのです。スイスで仕事をなさっている方は、給料から義務として天引きされている
AHV(仏語ではAVS)とか、Pensionskasse(la caisse des pensions)とかが何を意味
するかご存知でしょうか。

このハンドブックをお読みになって、定年後の保障の中身を少しでもご理解いただけれ
ば幸いです。そして、ご自分の情報と違っていることがあれば、最寄の市役所、年金事
務所などに直接お問い合わせなさることをお勧めいたします。この本が年金制度につい
ての疑問点解決のきっかけとなれば、それが今回の出版における私達の意するところで
あります。

年金について勉強している間、様々な疑問が生じ、地方の年金事務所や連邦社会保険庁
などに何度も問い合わせることになりました。いろいろご親切なご回答をいただきまし
た関係当局の皆様に、この場を借りて深くお礼を申し上げます。

最後に広告掲載という形で、このハンドブック出版を援助して下さった各会社や個人の
方々に深く感謝いたします。
                  
    2001年6月

スイス日本ライフスタイル研究会

年金プロジェクトチーム
(アルファベット順)

Ahr kumiko アール 久美子
Brunner Toshimi ブルンネル 淑美
Drenhaus Nobuko ドレンハウス 信子
Durrer Miwa デューラー 美和
Ganarin Yumiko ガナリン 裕見子
Nussio Michiko ヌッシオ 道子
Zumstein Mieko ツムシュタイン みゑこ

表と本文レイアウト: Drenhaus Nobuko


あとがき

スイスにおいても日本と同様、高齢少子化が進んでいます。この人口構造の変化に
伴って、将来の行方が心配されているのがAHV/AVSです。1948年に導入されたこの
年金保険は、現役で働いている人達の掛け金をそのまま年金受給者の年金にあて
るという財政システムを取っています。2010年まではなんとか財政が安定している
ようですが、その後は掛け金収入を補足する財源を捜さなければならないようです。

今、AHVの第11回改正法案が話題になっています。将来の年金財政の安定のため節約し
たい側と、保障の枠を広げたい側との間で論議が盛んです。女性にとっては定年年齢の
引き上げや寡婦年金の一部カットなど、不利な法案も出ています。しかし、掛け金の収
入は減少していき、年金支給は増え続けるのですから、何か対策を考えなければ、この
年金システムの将来は難しいといえるでしょう。

企業年金の方はどうでしょうか。これまで、企業年金基金にはお金があるといわれてい
ました。長期に亘るスイスの経済成長と株式市場の盛況で、資金運営がうまくいったた
めです。(資金の最高30%までの株式投資が認められています。)しかし、昨年からの
株式市場の低迷で、年金基金はこれまでの利益の多くを失ったとも報道されています。

誰でもある年齢に達したなら、ふと老後のことを考えるようになるでしょう。私達の会
のメンバーも老後を考える世代になりました。『時がくれば自然に年金をもらえるのだ
わ』と受身に構えていたのですが、勉強した後の皆の印象は、『年金は期待しているほ
どもらえないのでは』ということです。日本人の場合、特に掛け金支払い年数に空白期
間があることが不利になっています。又、企業年金に加入されていない方もおられるで
しょう。

AHVの将来に不安があるなら、老後の備えは各自である程度考えなければならなくなり
ます。そして定年直前になって考え始めるのでは遅いということもわかっています。
『備えあれば憂いなし』のことわざ通りです。

このハンドブックが、皆様の老後設計に少しでもお役に立つことがあれば、私達にとっ
てこれほど嬉しいことはありません。
私達で調べられる限りの努力をいたしましたが、記されている内容に間違いがあった場
合には、どうぞお許し願います。

また、年金に関してもっとご存知のことがありましたら、是非アドバイスをいただけれ
ば幸いに存じます。

    年金企画責任者  ガナリン裕見子 
[PR]